デスクワーク

日本企業がベトナム進出することが多くなっている

最近は日本企業がベトナムに進出することが多くなってきているのです。それはいったいなぜなのでしょうか。まず考えられる理由としては、ベトナムは日本よりも人件費が安いということだからです。やはり日本の人材を使ってから仕事を進めようと思ったら、人件費がかなりかかってしまうのです。だから、ベトナムに企業を進出させてから、ベトナムの現地の人材を使ってから仕事を進めていけば、人件費をかなり安く抑えることができるのです。人件費を安くできるということはそれだけ多くの利潤を確保できるということにもつながります。だから、ベトナムに進出するような日本企業は合理的な企業であると言えるでしょう。次に考えられるのは、中国や韓国の人件費の高騰が挙げられます。以前までは日本企業は中国や韓国に企業を進出させてから、そこで人材を確保してから働かせていました。しかし、近年は中国、韓国共に経済力を高めてきているので、人件費がかなり高くなっているのです。だから、中国や韓国に日本企業を進出させるよりも、ベトナムに日本企業を進出させたほうが良いという判断なのでしょう。ベトナムにはこれからも多くの日本企業が進出していくと考えられます。

ベトナムに進出する邦人企業は年々増加している

東南アジアは経済成長が目覚ましいのですが、その中でもベトナムに進出する邦人企業は年々増加傾向にあります。このような理由としては人件費が挙げられています。隣国の中国は今や国内総生産が世界第2位です。GDPの増加に伴って人件費も高くなったので、多くの製造業が他のアジア地域に工場を移転し始めています。その中でもベトナムは中国の半分以下のコストで済むのでメーカーにとっては大きな魅力です。
他にもベトナムが進出先として選ばれるのは国民性が関係しています。ベトナムは東南アジアの中でもとりわけ勤勉性が高くて日本人と似ているところがあります。さらに途上国において識字率が高いことも要因の一つです。ベトナムは共産主義国であるために平等性が重視されていて国民にまんべんなく学校教育を浸透させました。そのため文字を読める人が多いです。また他の国よりも貧困率が低いので強盗など凶悪犯罪に巻き込まれにくいという治安の面でも大きなメリットがあるからです。
また人口構成も関わっています。日本では平均年齢が45歳と高齢者が占める割合が高くて購買力も弱くなっている一方でベトナムでは30歳を下回っていて市場がこれからも拡大していくのでメーカー以外の企業も多数進出しています。

日本企業がベトナムに進出して成功するには

日本企業がベトナムに進出してから成功するためには、何が必要何でしょうか。やはりそれを知っておくことで、ベトナムに進出してから成功する確率が高くなると言っても良いでしょう。まずは、ベトナムに進出してから現地のベトナム人としっかりコミュニケーションを取っていくということです。日本人は世界的に見てもコミュニケーションを取るのが苦手だと言われています。
やはり現地のベトナム人としっかりとコミュニケーションを取ることで、ベトナム人からの信頼を得ることができると言ってもいいでしょう。ベトナム人から信頼を得ることで、ベトナム人たちも企業のために一生懸命働いてくれるようになると言ってもいいのです。だから、ベトナム人としっかりとコミュケーションを取ってから、ベトナム人からの信頼を得ることはとても重要なのです。
次に、インフラが整備されているような場所に日本の企業を進出させていくようにするということです。やはりベトナムは都市部とそうではない部分では、インフラの整備に大きな差があると言ってもいいのです。だから、インフラが整備されているような場所を探してから、そこに日本企業を進出させていったほうが良いと言えます。

UPDATE ARTICLE

日本企業がベトナムへ進出する理由について

仕事中の男性

みなさんも今の日本に流通している商品を見るとベトナム製の物を多く見ると思います。では、どうしてちょっと前までは中国製の物を多く見かけたのに今は…

もっと読む

ベトナム進出で把握しておきたい注意点

会議中

近年新しく事業を始めたり、或いは事業を大きくして行く魅力的な国として、ベトナムが挙げられます。ベトナムは結構前から、『2つ目の中国』と…

もっと読む

ベトナムに進出しようと思う日本企業が多い

勉強しているベトナム人女性

最近服でも雑貨でもベトナム製の物を多くみるよういなりベトナムが進出していると感じる人は多いと思います。でもどうして最近になってベトナム製の物が…

もっと読む