デスクワーク

ベトナム進出で把握しておきたい注意点

会議中

近年新しく事業を始めたり、或いは事業を大きくして行く魅力的な国として、ベトナムが挙げられます。
ベトナムは結構前から、『2つ目の中国』と言われており、熱い注目を浴び続けて来ました。但しサプライズローンの影響による、深刻な金融危機にありました。外国への事業拡大が完全に止まっていた事から、もう1度注目を集めるようになった訳です。
現在では数多くの会社が、ベトナム進出や起業を展開させております。そうした状態へとある為、ベトナム進出を視野に入れている、起業家の人達は、かなり存在する事でしょうが、焦りは絶対に禁物です。
ベトナム進出を行う時には、注意点を予めきちんと認識しておいて、尚且つ充分に用心しながら、慎重に取り組んで行かなければなりませんベトナム進出を真剣に考えている際で、最も注意しておかなくてはならない点とは、現地の文化などへと正確に合わせて行き、賢く起業しなくては行けないと言う点です。日本独特の仕事の順序や事業拡大などを、幾ら強引にやろうとしても、ベトナムのお国柄からすると、事業を思い通りに動かす事などまず不可能です。
従ってベトナム進出を成功させるには、現地の規則をちゃんと捉えて行き、完璧に把握しておく必要が出て来ます。

UPDATE ARTICLE

日本企業がベトナムへ進出する理由について

仕事中の男性

みなさんも今の日本に流通している商品を見るとベトナム製の物を多く見ると思います。では、どうしてちょっと前までは中国製の物を多く見かけたのに今は…

もっと読む

ベトナム進出で把握しておきたい注意点

会議中

近年新しく事業を始めたり、或いは事業を大きくして行く魅力的な国として、ベトナムが挙げられます。ベトナムは結構前から、『2つ目の中国』と…

もっと読む

ベトナムに進出しようと思う日本企業が多い

勉強しているベトナム人女性

最近服でも雑貨でもベトナム製の物を多くみるよういなりベトナムが進出していると感じる人は多いと思います。でもどうして最近になってベトナム製の物が…

もっと読む